真説建国史のあらまし(3)  5ページ

中国の宋書に日本と朝鮮占領軍軍司令官に倭王が任命されていた。これを学者は天皇と誤認も甚しい。倭王は天皇の敵の中臣で、しかも471年の倭王は武でなくて興だった。  この倭王興の子孫の中臣鎌子がクーデターを起こして大化の改新を行った。  本居宣長は古事記を35年も研究した結果古事記こそは日本の正しい歴史だと断定した。 しかし明治の歴史学者は藤原や中臣があらわした国史を信用して、日本書紀を国史の基本にしたのである。  不比等は中国にまねて天皇即位制を導入した。これは天皇が崩御して始めて皇太子が即位する制度である。更にこの即位した時を各天皇の元年にしたが、この様な制度はこの様な制度は大正天皇以降で古代にあるわけもなかった。  日本書紀に書かれた資料だけで皇太子が出生された時の天皇の年令は65才から94才で、これは在位を短くしても矛盾が残る。   天皇家は家督相続制であり、古事記には無関係に系図が書かれている。従って享年には無関係に神武天皇までの年代の推定が可能だ。



これより管理人の私の感想 
上記の「宋書」と有るのは、全文は、次の所で見ることが出来ます。
『宋書』倭国伝
https://kotobank.jp/word/%E5%AE%8B%E6%9B%B8%E5%80%AD%E5%9B%BD%E4%BC%9D-1180822 

前回に習って、理解困難な部分の私の解釈を記します。

①中国の宋書に日本書紀と朝鮮占領軍軍司令官に倭王が任命されていた。これを学者は天皇と誤認も甚だしい。
 この部分のことは、[倭の五王]と呼ばれている事だと思います。
[倭の五王]ウィキペディアに依りますと、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%80%AD%E3%81%AE%E4%BA%94%E7%8E%8B

 倭の五王(わのごおう)とは、中国の歴史書に記述のある倭国の五人の王、すなわち讃、珍、済、興、武をいう。倭の五王が誰であるかに関しては諸説ある。
以下はご自分でお読みください。

ここの説明から解るように、倭の五王の事は、413年 - 478年の間に少なくとも9回は朝貢していると記されています。 中国の歴史のみですと全部、嘘だと否定しても良いのですが、日本の歴史書である『古事記』と『日本書紀』にも書いてないと云うことは、どう云う事と思われますか。 書いてないことが、最大に語っていると思います。

第四話  占領軍軍司令官  前ページ12
http://rakuraku.cocolog-nifty.com/tanosimu/2009/01/12-a040.html ここに書いてある[前ページ12]とは、田村氏が発行された『西大寺ヤマト』の12ページという意味です。
 読んで戴ければ判りますが、[前ページ12]は書いてありません。「西大寺ヤマト」には書いてありますが、活字が4分の1ぐらいで書いてあるので、割愛しました。

第四話  占領軍軍司令官  〝邪馬台国〟256頁
http://rakuraku.cocolog-nifty.com/tanosimu/2009/01/256-105f.html

 これは、朝日新聞が、『邪馬台国』という本を出版する前に、「卑弥呼の使いとして、魏の都に行った難升米は、魏の植民地征服のための、最高指揮官に任命された」と投書は教えてくれたが、この事が、正しいとすれば、朝日新聞は、ケシカランではないかと田村氏が、立腹して居られる文章です。

 このことを立証するために、『第四話 西大寺ヤマト』を書かれたことになります。この冊子は、63ページの非売品ですが、4番目に書かれた本であることは、次のページから判ります。

『田村誠一氏の著書』
http://mino-sigaku.la.coocan.jp/page600.html

 どうしてこの様なことになるかと云いますと、ひねくれ者の私は、手に入れた人が、処分したからだと考えています。
 なぜ、処分したかと云いますと、これらの著書全体を通じて云える事は、これまで、聞かれた事のない日本の歴史だからです。

それのお先棒を担いだのが、朝日新聞だと書かれた事になります。非売品とは云え、
 
[中国の宋書に日本書紀と朝鮮占領軍軍司令官に倭王が任命されていた。これを学者は天皇と誤認も甚だしい]は書き過ぎだろうと思い、朝日新聞の『邪馬台国』を読む事にしましたが、手に入れることは出来ませんでした。


 次のページもご覧ください。
第四話  宋への上奏  p-15
http://rakuraku.cocolog-nifty.com/tanosimu/2009/01/p-15-2db9.html
 
 いろいろの倭の五王についてのものを読みましたが、読めば読むほど、プロも素人も含めて、訳が判らない人ばかりであることが判ります。

『古事記』と『日本書紀』にも書いてないと云うことは、どう云う事と思われますかと記しましたが、判られましたか。

 『古事記』と『日本書紀』に書いてないから解らないのです。
中国の歴史は、しっかりと解っています。
 
 これは、天皇家の五人の天皇が、生きておられた事を知られたくないから苦労したと思います。日本書紀を書いた藤原不比等が、一生懸命考えた事でしょう。しかし、それでも、古事記が残っていては困りますから、古事記に、書かれていた部分を書き変えたのではと推察しています。

 しかし、之を解決するには、10年以上掛かるでしょう。そして、結論は判らないことが判ると思います。

『田村誠一氏の著書』 http://homepage2.nifty.com/mino-sigaku/page600.html
 ここに書きました著書にヒントが一杯書いてありますが、すべて、古書店にも有りませんから、読む事は出来ません。

 簡単にヒントを書きますと、倭の五王は、この頃、天皇と同じぐらいの権力を持って居た河内の人でないかと考えています。

 それはどうして判るかと云いますと、河内に有る古墳をすべて、自分の脚を使って歩かれる事だと思います。
 歴史の知識は必要有りません。どれだけ、河内の人は、全国から富を集めて、大きくなっていったかが、肌で感じる事が出来ます。(自動車をつかっては駄目だと思います)


スポンサーサイト

真説建国史のあらまし(2)  4ページ [真説 建国史]

 天皇家が何れ滅ぼされることを予知して天武天皇は稗田阿礼に天皇家の系図等を暗誦する様に命令した。これを712年に元明天皇の時太安万侶が紙に書き残したのが古事記である。しかし現在の古事記は1263年に藤原朝臣によって、日本書紀に合せて校正されたものである。  古事記は完成すると不比等に見付かって没収され、これとすでにあった怪文書の帝紀と本辞から占領軍の建国史、日本書紀が720年に編集された。従って日本書紀には藤原氏に取って都合悪いことも、漢や魏が大敗したことも伏せてある。九州は漢の植民地の北鮮の四郡の飛び地で、従って不比等はここを建国発祥の地にしたくて、地名などの偽証を行った。  鎌足の先祖は紀元前2世紀に中国から渡来した天児屋根命で代々中臣を名乗った。5世紀には中臣の本拠地は河内の志紀郡国府の場所で古事記の雄略天皇の御世に志紀宮が記載されている。関東の稲荷山と熊本の江田船山の中国製武器の鉄剣には志紀宮ワカタケルに仕えたと刻まれ年代は471年だった。

これより管理人の私の感想
①天皇家が何れ滅ぼされることを予知して天武天皇は稗田阿礼に天皇家の系図等を暗誦する様に命令した。 この部分は、古事記の最初の序文に当る所に書かれています。
原文を記します。

於是天皇詔之「朕聞、諸家之所賷帝紀及本辭、既違正實、多加虛僞。當今之時不改其失、未經幾年其旨欲滅。斯乃、邦家之經緯、王化之鴻基焉。故惟、撰錄帝紀、討覈舊辭、削僞定實、欲流後葉。」時有舍人、姓稗田、名阿禮、年是廿八、爲人聰明、度目誦口、拂耳勒心。卽、勅語阿禮、令誦習帝皇日繼及先代舊辭。然、運移世異、未行其事矣。 

②現在の古事記は1263年に藤原朝臣によって、日本書紀に合せて校正されたものである。
 この部分は、この記事を書かれた時点では、根拠を書かれませんでしたので、次の『第19話 壬申の乱は日唐戦争  藤原一味が改ざんした現古事記』において、書いておられます。
  
 現存する古事記の最古の写本は真福寺本で、この中巻の奥書に1263年に藤原朝臣が仮病をつかって、家に籠って校正したと書かれている。仮病をつかってとまで奥書に書くことは原古事記を改ざんして、原本は焼捨てでもしない限り、書ける字句ではない。以下、省略

全文は、次に掲載しました。
 http://rakuraku.cocolog-nifty.com/tanosimu/2011/08/19-f548.html 

藤原朝臣の事は、次の著書の『第19話 壬申の乱は日唐戦争 虚偽の帝紀と本辞を書いた藤原朝臣』に書いてあります。
 http://rakuraku.cocolog-nifty.com/tanosimu/2011/08/19-c929.html

③従って不比等はここを建国発祥の地にしたくて、地名などの偽証を行った。
 地名の偽証された例は、10例ほどは欲しい所ですが、確かめていません。

④鎌足の先祖は紀元前2世紀に中国から渡来した天児屋根命で  以下の部分は、正しい様な気がしますが、その証拠はどこにあるかは 確認していません。

真説建国史のあらまし(1)  3ページ

古代の日本は紀元前2世紀以前を有史前、これから西暦元年までを神代、更に622年の推古天皇の御世に聖徳太子が鎌足に暗殺されるまでが天皇親政時代で、これから12世紀までは藤原占領政治時代と呼ぶべきだ。
 日本には建国史に古事記と日本書紀がありこの両史書で神代として取扱ったのが紀元前2世紀から西暦元年までである。
 神武天皇が初代天皇で橿原宮で平和宣言を行ったのが西暦紀元と一致していた。これは当時絹を西域やヨーロッパに運んでいたユダヤ商人が商売の必要上採用した暦だった。これから600年間は天皇の親政である。
 鎌足は中国系の人物で唐に支援されてクーデターを成功させて大化の改新をやり、次男の不比等が天武天皇を人質にして壬申の乱で天皇勢力を一掃した。
 不比等が帝紀と本辞を諸家にながしたが、天皇の系図の帝紀すら天武天皇は入手出来なかったと古事記の序文に書かれていた。これこそ天皇が幽閉されていた証拠で、帝紀と本辞は不比等が作成した怪文書である。



これより管理人の私の感想
 1ページ目ですが、ここまで読まれただけで、もう、読まないでおこうと思われる方が、続出となるのではと思います。私の目から見て、気になる所を書いてみます。

①推古天皇の御世に聖徳太子が鎌足に暗殺される  この点は、複雑です。取敢えず、聖徳太子をインターネットで調べてみます。

ウィキペディアに依りますと、
出生について
 「厩の前で生まれた」、「母・間人皇女は西方の救世観音菩薩が皇女の口から胎内に入り、厩戸を身籠もった」(受胎告知)などの太子出生伝説に関して、「記紀編纂当時既に中国に伝来していた景教(キリスト教のネストリウス派)の福音書の内容などが日本に伝わり、その中からイエス・キリスト誕生の逸話が貴種出生譚として聖徳太子伝説に借用された」との可能性を唱える研究者(久米邦武が代表例)もいる[注 以下省略

虚構説 と云うものがあって、少し、転記しますと
 高野勉の『聖徳太子暗殺論』(1985年)は、聖徳太子と厩戸皇子は別人であり、蘇我馬子の子・善徳が真の聖徳太子であり、後に中大兄皇子に暗殺された事実を隠蔽するために作った架空の人物が蘇我入鹿であると主張している。また石渡信一郎は『聖徳太子はいなかった—古代日本史の謎を解く』(1992年)を出版し、谷沢永一は『聖徳太子はいなかった』(2004年)を著している。近年は歴史学者の大山誠一らが主張している(後述)。

 こうした学説を総て、検証していますと、田村氏は文章を書けません。

②このような事より、古事記は、どうして推古天皇までしかないのか。
推古天皇に関する記述は極簡単なものです。推古天皇はこの後に続く女性の天皇の最初の天皇です。
 私は、記事の短さは、古事記に書かれていた文章は、不比等によって、消されたのではないかと推理しています。

③当時絹を西域やヨーロッパに運んでいたユダヤ商人が商売の必要上採用した暦日本の歴史にユダヤ人はどこにも登場しません。これは田村氏の多くの研究の成果でこのような事が云える事になります。活字で表わされた歴史には、登場しませんが、存在を思わせる証拠らしきものは一杯有ります。
 世界中の国の暦がどの様であったか。これを証明するのは、不可能ですが、どの国にも、暦は存在しました。しかし、活字として残っていることを前提にしますと、世界には暦の無かった国は少ない筈です。
 現在は、世界共通で、西暦を使っていますが、これが何時から使われているかは調べましたが、元年から使っていた国は、ゼロです。ということは、よく分っていないと言えます。
 どうして、世界共通の暦が必要になったかと云いますと、ユダヤ人が、世界中を又にかけて、絹の商売をしていたから必要になったと田村氏は説明して居られます。

 この説明を証明することは出来ませんが、田村氏の説明を、論拠を述べて、論破することは誰も出来ないと思います。

④鎌足は中国系の人物で唐に支援されてクーデターを成功させて大化の改新をやり、次男の不比等が天武天皇を人質にして壬申の乱で天皇勢力を一掃した。

 鎌足は中国系の人物で唐に支援されてクーデターを成功させて大化の改新をした

この部分だけが正しいということを説明出来る人は、おられないでしょう。
 だから、大化の改新をしたというのは、間違いだと反対意見を述べることは、この論文以上に難しい事だと思います。「大化」という元号が初めて使かわれたのは事実です。

⑤天皇が幽閉されていた証拠で、帝紀と本辞は不比等が作成した怪文書である。
この文に至っては、一番皆さんからおしかりを受ける文章だと思います。

しかし、どうして、このような事が云えるのかと云いますと、この後に続くページを読みますと、根拠が書いてあることになります。

 ①~⑤は、とんでもない日本の歴史と云うことになりますが、これは、田村誠一氏が、考えられました歴史の一部です。

 ご本人にとっては、「真説」ですが、読者にしますと、読みたく無くなる歴史となります。


 しかし、私は、①~⑤までの事は、田村氏が挙げられた「仮説」のようなものだと思えばいいと考えます。
 これから、田村氏は、この仮説がいかに正しいかを述べていかれるのだと思います。

「真説 建国史」を始めるに当って

古事記のことに取りつかれて随分になります。 現在では、古事記は偽書と云うことになって、日本書紀が、日本における最古の歴史書とされています。
 しかし、これは逆であろうと考えています。
 
 そのように考えるようになったのは、田村誠一と言われる方の『燦然と輝いていた古代』平成元年八月 を古書店で手にしてからです。

 この本の何が凄いかと云いますと、
表紙は、タイトルの通り、金色に輝いています。
著者の住所が、表紙に書いてあります。 岡山県真庭郡川上村****です。
いつでも、疑問のある方は、質問してくださいということでしょうか

次のページをご覧ください。
[田村誠一氏の著書]
http://mino-sigaku.la.coocan.jp/page600.html
初めのうちは、非売品ですし、ページ数は、60ページほどの小冊子ですが、発行日をご覧ください。調べて考えたことを本の形にされたことが判ります。

その後も次々、本を書かれて最後の著書は、
『西暦は日本の建国紀元だった』古事記に真実がかかれていた
燦然と輝いていた古代・総集編(三部作の三冊目です)

 総ての著書を通じて、一貫していることは、書いて居られることには、必ず、根拠となるものを書かれています。
  
先に記しました『西暦は日本の建国紀元だった』の意味はお解りですか。
これは、神武天皇が、20年にもなろうかという長い年月をかけて、戦争をし、最後に、奈良で戦争を終え、宮城を奈良に定めました。 それは橿原神宮のある所とされていますが、そうではなくて、同じ、同じ「カシハラ」でも、少し、南にある柏原と云う所に、宮城を造ったと書いて居られます。
 
 このように、世の中を乱す、害を及ぼす書物は次第に無くなってしまったのでしょうか。
 図書館でも、見付ける事ができなくなりました。

タイトルの「真説 建国史」は、田村氏の18冊目の著書になります。
 この本は、先日、手に入れられた方が、全部コピーして、送って下さいました。

「真説 建国史」は
 保存して、いつまでも残したい書物です。

タカタと自動車メーカーが闇に葬った「不都合な真実」…エアバッグ破裂、調査停滞の理由

タカタと自動車メーカーが闇に葬った「不都合な真実」…エアバッグ破裂、調査停滞の理由
http://biz-journal.jp/2017/09/post_20425.html

欠陥エアバッグ問題は、タカタが民事再生法を申請したことで収束に向けて動き始めた。自動車メーカーが負担してきたエアバッグ関連費用の総額は1兆4000億円を上回った模様で、大半が回収不能となる見通し。タカタは11月27日までにキー・セイフティ・システムズ(KSS)をスポンサーとする再生計画を東京地方裁判所に提出する予定。ただ、エアバッグの異常破裂の原因は依然として曖昧なまま。自動車メーカーも問題の再燃を懸念しつつ、問題を闇に葬ろうとしている。

以下、省略

苛めたのは、 アメリカも苛めました。

日本のような狭い国で走る場合、衝突して、死ぬよりは、ゆっくり走ればいいことになります。

日本の自動車メーカは、タカタを苛めたことになっていますが、私は車を買った時は、装着されていました。 別にほしいとは思いませんでしたが、新車を買った時点で、自動車メーカーは、儲けが有ったと思います。

プロフィール

keika

Author:keika
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
♪ 来訪者数 ♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR