スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第六話 正史だった古事記

魏志倭人伝の資料

 邪馬台国を九州に想定した人は、魏志倭人伝の里程や方向を先づ間違っていると指摘している。魏志倭人伝を書いた陳寿にとんだ汚名をかぶせている。
 魏志倭人伝は中国の正史だから、間違いだらけと云えるだろうか。中国に取って、好ましくない事柄は、ゆがめて書いてある。しかし利害のない記録は正確であった。
 魏志倭人伝の謎は、魏志倭人伝に語らせることだ。謎解きは至って簡単である。
 難升米は魏の都に半年も居ったのである。この人は率善中郎将に任ぜられた。日本攻略のための魏国植民地軍司令官ではないか。
 半年も魏の国に、とどまって倭国の詳細を報告したのである。従って里程や方向は、古代に如何にして測量したのか、疑問を感じる位正確であった。
 しかも難升米と牛利の二人がかりで、道路を構築した。道路とは日本に派遣する軍隊を中国の港まで運ぶ軍用道路ではないか。この作業に半年を要したのである。道路測量は、この二人に取っては、お手のものだ。

「卑弥呼、以って死し、大いに塚を作る。径、百余歩、殉葬するもの、奴婢百余人。更に男王を立つるも、国中、服せず、こもごも相い誅し、時にあたりて千余人を殺す。また卑弥呼の宗女壱与、年十三なるを立て王となし、国中、ついに定る。
政等、檄をもって壱与に告諭す。壱与、倭の大夫率善中郎将掖邪狗等二十人を遣わし、政等の還るを送らしむ。因って台にいたり、男女生口三十人を献上し、白珠五千孔・青大勾珠二枚・異文雑錦二十匹を貢ぐ。」

田村誠一著 第六話 正史だった古事記 11、12ページ
発行日 昭和56年6月10日
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

keika

Author:keika
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
♪ 来訪者数 ♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。