スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第六話 正史だった古事記

悪書「日本書紀」(3) 

日本書紀は一度、本の書き方を見られることである。本文のあとに、一書にいわく、一書にいわく、と書かれている。
 この書き方は、他の書物には、この様に書かれているが、日本書紀の編集者は、その意見には反対だと意志を強調したことだ。
 天孫降臨で天ツ久米命が、ニニギの命を護衛して高千穂に降りた。この天ツ久米命は、古事記では、久米の直の祖になっている。日本書紀は、一書にいわく「久米部の祖云々」とあって本文には、天ツ久米命の名前も見当たらない。天ツ久米命を頭から黙殺である。
 第七代孝霊天皇の御世の、吉備二ヶ国の和睦は、日本書紀では完全無視で、一書にいわくもない。
 第十代崇神天皇が丹波のクガミミの御笠を殺したことも、完全無視である。
 神武東征では、ニギハヤヒの命は天ツ瑞を持って現れたとだけ書かれた。
 しかし日本書紀では、ニギハヤヒの命が地上に天降った神話的表現から始まって、記載は詳細を極めている。


田村誠一著 第六話 正史だった古事記 18ページ
発行日 昭和56年6月10日
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

keika

Author:keika
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
♪ 来訪者数 ♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。