スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第六話 正史だった古事記

 古事記(1)

 崇神天皇の御世に、難升米の軍隊は物部であった。このことは国土地理院の大江山に物部町があることから証明される。
 物部の先祖はニギハヤヒだったことき、古事記に書かれている。
 
古事記ではニギハヤヒは、「天ツ神の御子天降りいますと聞きしかば、追いて参り降り来つ」と、「天ツ瑞」をたてまつって仕へ奉りき、とだけ簡単に書かれている。
 古事記ではニギハヤヒは家系も分からない得体の知れない人間だ。しかし日本書紀では天降った有様はまさしく神話になっている。
 なぜかかる記述を日本書紀が行ったかを読者は考えてほしいのである。
 国土地理院の大江山の地図は意外なことを教えてくれた。ニギハヤヒが居った物部町の隣りは大江町である。
 ここに皇大神社、内宮、豊受神社が示してある。ここには天照大神と月読命がまつられている。
 ニギハヤヒは中国から渡来して、丹波の物部町を占拠したのである。

田村誠一著 第六話 正史だった古事記 20ページ
発行日 昭和56年6月10日
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

keika

Author:keika
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
♪ 来訪者数 ♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。