スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六話 正史だった古事記

 古事記(21)
 古事記には神話が書かれていると、1200年間信ぜられて来た。国土の誕生の部分を除いては、神話は書かれて居らなかった。
 このことは別稿で、一つ一つの神話が実話だったことを述べて来たのである。
 古事記に現れた神話とされた部分の地名は全て国土地理院の地図に現存していたのである。しかも九州ではなくて、伯耆、美作に存在していた。
 年代に関しては記録方法がなかった時代である。事象は語り部によって、語りつぐことができる。しかし年代や年令の記録が間違いなく出来る手段がないからには、はっきりさせることは出来ない筈である。
 例えば年令は毎年何等かの記録をしておかないと分る筈がない。我々は、何年生まれかを知って算定する。しかし古代には算定方法はなかったから信用しないことである。
 中国には三国志等の記録が残されている。これは毎年の記録を残す手段があった。従って中国と日本との交渉年代を手がかりに、日本の年代を探す外ない。



田村誠一著 第六話 正史だった古事記 40ページ
発行日 昭和56年6月10日(1981)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

keika

Author:keika
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
♪ 来訪者数 ♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。