スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第六話 正史だった古事記

「東南して奴国に至るまで百里二万戸あり。」
http://rakuraku.cocolog-nifty.com/tanosimu/2010/02/post-a1d8.html

百里とは約40キロである。「また東南して云々」と書かれていない以上、松江国から、測量すれば、現在の米子平野である。
 ここは古代には干潟が、根の様に、成長しつつあったのである。従って奴国とは根の国である。後世島根となった、由来のもとである。
 国土地理院の米子の地図に西伯町がある。ここに合併前に大国村と天津村があった。大国主命は大国村のボスになった。
 このボスになる前に迫害を受けたのが、手間山の赤猪の神話になっている。この手間山は大国村の東隣りの手間村にある。
 「手間の山本(ヤマト)」が神話の舞台であった。この同一地点に現在「倭」の地名が残っている。
 「倭」とは山のふもとの、山本から由来したことになった。
 倭が根の国の都になり、都の外港は、中国式に天津村となった。読み方が「アマツ」とヤマト言葉になっただけである。


-49ページ--
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

keika

Author:keika
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
♪ 来訪者数 ♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。