スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完全破壊

 完全破壊は、どのような方法でするのでしょう

  アメリカが考えている完全破壊の方法には、電磁波によるものも考慮に入れないといけないと思います。

9月20日 メキシコで、大きな地震が起こりました。 32年振りだったと思います。

だから、これに代るものとして、アメリカが電磁波で、地震を起こしたという証拠にはなりませんが、被害の大きさを写真で見ますと、この被害では、人間の死者は、あまり、多く無かった様ですが、少しぐらいのお金は、アメリカへ行ってから、必要です。これでは、か、アメリカへ行くこともままならぬでしょう。
では、電磁波の得意な国は、ロシアとアメリカが歴史が古いですから、トップだと考えるからです。

これで、30年ほどは、メキシコでは、今度のような地震は、発生しないでしょう。ただ、それだけではなくて、トランプ氏が、塀を造らなくても、アメリカへ亡命するにも、メキシコ人は、お金も無くなると考えます。アメリカが考えている完全破壊の方法には、電磁波によるものも考慮に入れないといけないと思います。

9月20日 メキシコで、大きな地震が起こりました。 32年振りだったと思います。
大きな地震なら、50年、100年に一回でも、良いですが、あまり古いと、記録が有りません。
 まずは、どれほど、ひどかったかは、次の記事をご覧ください。

①メキシコでM7.1の大地震 死者200人以上
http://www.bbc.com/japanese/41329263

②メキシコでM7.1の地震 100人超死亡、首都で複数の建物崩壊
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170920-00010000-afpbbnewsv-int
9/20(水) 8:31配信

メキシコがどうして、電磁波によってヤラレタと考えたかと言いますと、
トランプ氏は、大統領になった時に、一番に、メキシコ人が、アメリカヘ避難してくる。 いくら、金網を高くしても、よじ登って、越えてくる。
ケシカランから、アメリカとメキシコの国境の間に、もっと高い、壊れない壁を建設する。その費用は、メキシコが負担しなければならないと発言しました。

トランプがメキシコに壁を作る理由とは?実現可能かわかりやすく解説!
http://arcanaslayerland.com/2017/01/27/trump-wall/
2017/1/27

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

keika

Author:keika
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
♪ 来訪者数 ♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。